アラビカ種,ロブスタ種,リベリカ種のコーヒー豆の通販ならまめまめ珈琲へ、自分に合ったコーヒー豆を購入しよう。

まめまめ珈琲

Kind-コーヒー三大原種-

アラビカ種:高品質で豊かな香りがあり、アフリカエチオピア高原原産です。豆の形は楕円形で扁平で、味・香りが良好で適度な酸味をもっています。世界で最も多く栽培生産され、コーヒー全体の約80%を占めています。品質価値は最も高く、生産量も全体の70~80%を占めています。まろやかな味と酸味、強く円熟味のある芳香などが特徴です。海抜800m~2,000m ほどの主に高地で生産されます。気候条件に影響を受けやすく、病気に弱いのが難点です。

・ロブスタ種:苦味が強く酸味が乏しく、インドネシアが産地となります。豆の形は丸みをおびている。味・香りがよく、酸味が少ないのが特徴です。全体の生産量は20~30%ほどを占めています。海抜200~800mほどの熱帯の低地で栽培され、成長が早く病虫害に強く、低地でも栽培ができます。生産性が高く、値段も安いのですが、品質はアラビカ種に及ばず、主にアラビカ種とのブレンドや缶コーヒー、インスタントコーヒーの原料となっています。

・リベリカ種:品質も生産量も低く、アフリカ西海岸のリベリアなどが産地となります。豆の形はひし形、味・香りが強く苦味が特徴であります。全体の生産量は1%ほどで、ほとんど生産されていません。 海抜200m以下ほどの主に低地・平地で栽培され、雨の少なさにも強く、害虫病にも強いのですが、除去作業に手間がかかり収穫も長い年月を必要としているため、あまり人気がありません。品質は味、香り共にアラビ種に及ばないようで、日本にはほとんど入ってきません。

コーヒーの種類

モカ

モカ

コーヒーの起源エチオピアのモカ港から輸出したことからその名が名づけられたモカ。モカの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから おすすめ

キリマンジャロ

キリマンジャロ

アフリカ最高峰、キリマンジァロの山の斜面で栽培されているのキリマンジァロ。豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから 人気

マンデリン

マンデリン

産地はインドネシアのスマトラ島です。マンデリンの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン

産地はカリブ海の島国ジャマイカです。ブルーマウンテンの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

コロンビア

コロンビア

コロンビアはコロンビア国で生産される豆のことで、酸味とフルーティな甘味、マイルドなコクが特徴です。コロンビアの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

ハワイ・コナ

ハワイ・コナ

ハワイ島の西側、コナ地区で栽培されるアラビカ種のコーヒーが「ハワイコナ」になります。ハワイ・コナの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

グァテマラ

グァテマラ

香りが豊かで酸味やコクもほど良く、ほかの豆との相性も良いグァテマラ。グァテマラの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

ブラジル

ブラジル

ブラジルコーヒーは適度な苦味と酸味のバランスが程よく、安価で手に入りやすいためブレンドベースに用いられることが多いです。ブラジルの豆から粉末、ドリップ、インスタントの購入はこちらから

↑ PAGE TOP

PR

↑ PAGE TOP